AdColony Blog

動画クリエイティブ紹介 : Monster Busters

adcolony_bb_01-14-16

今回は 、米国の大手カジュアルゲーム会社 Purple Kiwii(※以下、Purple Kiwii社)が愛くるしい敵キャラやキャッチーな音楽、戦略的なブランディング等を活用して、どのようにユーザーを魅了しているのかを紹介いたします。

なぜこの動画クリエイティブが効果的なのでしょうか。
その理由として、このクリエイティブでは、スマートフォン動画にて最適とされる手法をいくつか実践しています。

1. 動画の長さ

20秒という時間は、一通りのストーリーを見せる十分な長さであることと同時に、視聴者の注意を引き留める丁度良い短さです。その点において、このクリエイティブは20秒~22秒という理想的な範囲に収まっています。

 

2. ブランディング画像の配置箇所

アプリのロゴを明瞭明確、かつ目立つようにオープニング部分に配置することで、Purple Kiwii社は、ブランドを即座に認知させることを実現しています。

また同じロゴをエンディング部分に配置することで、インストールを迷っているユーザーに対してブランドの訴求を最適化しています。

 

3. キャラクターの強調

このクリエイティブには、全ての画像イメージにおいてキャラクターが登場しています。これにより、Purple Kiwii社は主役の敵モンスター達を愛くるしく効果的に見せています。

 

4. 明瞭明確な訴求メッセージ

ゲームプレイ映像をユーザーにより簡単に理解させ、また同ジャンルの他アプリとの差別化を図るため、明瞭明確な訴求がこのクリエイティブ全体を通して活用されています。

この方法は、視聴者の注意を引き留めるのに効果的なことや、ゲームの機能やプレイモードを紹介することで、パズルゲームにおいて重要であるストーリーを伝えることを実現しています。

 

5. ゲームプレイ画像を用いた描写

クリエイティブ全体を通して、実際のゲームプレイ映像を見せることで、視聴者は実際にゲームをプレイすることに対して期待を持つことが出来ます。

これはインストール後のユーザーの継続率を上げることにおいて必要不可欠となります。

 

 

 

以上、スマートフォンにおける動画クリエイティブにて最適とされる手法を紹介させて頂きました。
動画に関するクリエイティブを作成予定の方、検討している方は上記のポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか。

———————————————————————
ご質問/ご相談はこちらまで⇒video-ad@glossom.co.jp