AdColony Blog

動画リワード成功への道!!「動画閲覧率」の謎

動画広告におけるアプリの収益化はいくつかの側面において、日々の収益に即効性かつ優れた影響をもたらす要素が一つあります。それが動画閲覧率です。

 

動画閲覧率とは

動画閲覧率とは、デイリーアクティブユーザー(以下DAU)が特定のアプリ上にて一日に少なくとも1回以上広告を見る割合のことです。

例えば、一つのアプリに対して100万人のDAUがいて、その中の20万人がある動画広告を見る場合、このアプリの動画閲覧率は20%ということになります。

 

動画閲覧率の重要性

動画閲覧率はパブリッシャー(※1)が、アプリ内広告を用いてどの程度効率的にユーザーへリーチしているかを示しています。

もしアプリの動画閲覧率がわずか20%だった場合、パブリッシャーは日毎に約80%の広告収益を逃していることになります。

そしてそれが更なる全体的な収益の損失をもたらすことに影響することを意味しています。

※1アプリやweb媒体を運営している会社、または個人の総称

 

DAUにおける動画閲覧率の影響

パブリッシャーの中にはユーザーに広告を見せたことによって、アプリの使用を止め、アプリ自体からの離脱を恐れ、多くのユーザーに広告を見せる事を懸念しているでしょう。しかしながらここではそれは当てはまりません。

例えば、あるパブリッシャーは最近、ユーザーが動画を見るようにツールチップリマインダー(ポップアップ)を追加することによって、広告プレースメントの可視性を調整しました。これにより、このパブリッシャーはDAUに悪影響を及ぼすことなく動画閲覧率を著しく増加させました。実際、このアップデートが行われた次の週の平均DAUはその前週よりも1.4%上昇しました。

151127_AdcolonyBlog邏譚・USE-RATE.002

しかし、なぜDAUに悪影響を及ぼさなかったのでしょうか?それは、簡単に言うとユーザー体験がアップデートの前後で変わらず一貫しており、単純に新たな動画視聴数が沢山のユーザーの間で視聴されたからです。より沢山のユーザーに見られた結果として、平均動画視聴率が13.3%から25.5%に上昇しました。これはユニークユーザーが1日に1回広告を視聴する回数のほぼ2倍です。

更には動画視聴率の増加が良好であった一方で、広告マネタイズユーザー1人に対する平均デイリー視聴数もまた顕著に13.3%に上昇しました。これによりパブリッシャーは、アップデート前から動画視聴をしていたユーザーからの収益も増加させました。

 

ユーザー一人に対する収益における動画閲覧率の影響

驚くまでもないですが、デイリーアクティブユーザ一人に対する平均広告収入(Ad ARPDAU)もまた使用率が上昇するにつれて驚異的に増加しました。テスト期間のAd ARPDAUを分析するとアップデートの影響を明確に感じることができます。

 

151127_AdcolonyBlog邏譚・AdColony_UseRate.001これはある一つのパブリッシャーの例です。今年収益の高かったパブリッシャーの上位3位のデータを見てみると使用率の増加と収益の間に類似した相互関係が見受けられました。

 

151127_AdcolonyBlog邏譚・AdColony_UseRate.004このデータを見ると使用率の増加が劇的にパブリッシャーの収益を増加させているのは確実です。平均で、使用率が20%あるパブリッシャーは、使用率を記載されているしきい値で増加させることによって、下記の収益を見込むことができます。

 

151127_AdcolonyBlog邏譚・AdColony_UseRate.006

table※上記数値は、収益を保証するものではございません。参考値としてお考えください。

包括的な広告収入にもたらす動画閲覧率の影響

もちろんDAU一人に対する収益が増加するにつれて、全体的な収益も増加します。アプリの動画閲覧率を上げることによって、あるパブリッシャーは平均日収を140%引き上げました。最も収益の高かった日は以前の平均の約3倍にも達しました。

より長期間において動画閲覧率を使用して日収を標準化すると、動画閲覧率がパブリッシャーの日収に直接的に結びついているのが明確であると感じられます。

151127_AdcolonyBlog邏譚・USERATE_Charts.003

動画閲覧率低下の改善方法

動画広告における動画閲覧率低下の原因は、極端なユーザーセグメンテーションや、不十分なプレースメント、また広告リエクスト頻度の低さなど多くのことが考えられます。アプリにおいて何が動画閲覧率の低下を引き起こしているのか追求する場合、下記をご参考ください。

広告を見られないユーザーセグメントが存在するかどうか。

もし広告がオプション的なものであるならば、広告はきちんとユーザーに見えているか?ファーストビューから外れてはいないか?他のものに隠れてはいないか?

広告の表示頻度は平均的なユーザー滞在時間に対して適切であるか。もしくは広告が表示される前にユーザーがアプリを閉じてはいないか?

動画閲覧率を上げるということはユーザーを広告の嵐にさらすことではありません。収益の成長を促進させる一方で、より多くのユーザー達に対して、より楽しいユーザー体験を維持するために合理的なタイミングにて、広告を表示させることが重要と考えます。

 

 

※本件に関して、ご不明点がございましたら、弊社担当、もしくは「video-ad@glossom.co.jp」までご連絡ください。